タダリスの使用については至って簡単です

最初にシアリスやタダリスを服用する時、1錠を丸ごと使っていました。
1錠は主成分タダラフィル20mg配合。たしかにEDを改善し、スムーズに勃起してくれます。でも、一つ悪い所として、頭痛が起きていました。

風邪をひいたときに、頭を軽く締め付けられるような頭痛。この痛みが長時間続くのではなく、最初の2~3時間ほど痛みが続いていました。

EDを改善できているので、多少の副作用は仕方がないと思っていたのですが、でも、できることなら「効果アリ、副作用ナシがベスト」。

そこで、実際に私のようにタダリスやシアリスを利用している人の口コミなんかを見て調べると、意外に答えは簡単でした。
「容量を減らす」。

単純に私の中で、「使うときは1錠を服用する」っと勝手に決めつけていたんですが、利用する人も個人差があるために、それぞれの容量を見つけることが大切ですね。
そこで、私なりに色々と試してみました。
タダリスは「1錠でタダラフィル20mg配合」。

カッターで半分にすると10mg、4分の1で5mg。服用して感じたのが、その時の状況によって変わってきますね。

タダリスを服用するときに「空腹」だったら4分の1の5mg、「食後、飲酒」だと10mgで、ちょんと効果が出て、しかも副作用が出ないんです。

多少ですが、継続時間が短くなるように思えますが、効果が出るまでも早く、副作用の頭痛もほとんどありません。

私のように、タダリスやシアリスを利用して、「効果はあるけど、副作用に悩んでる・・・・」。そんな人は、自分に合う成分容量を見つけることが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加